RATOC
       RATOC >>VBM法を用いた投薬効果計測ソフト
    解析サービス        組織細胞再構築    繊維    耳石    表示オプション   粒子計測    連通孔計測    4Dkinetic解析    心機能計測    光散乱トモグラフ     講習会    ユーザーサポート 


大腿骨計測
          

腰・胸・頚椎
          

骨形態計測
          

骨塩量計測
          

リュウマチ計測
          

皮質骨計測
          

歯牙3D形態
詳細計測
          

VBM法を用いた投薬
効果計測ソフト
          

エナメル質のミネラル喪失量測定
          

有限要素法解析
          

骨塩量ファントム
          
群平均値画像との差異を表現する
VBM法を用いた投薬効果計測ソフト   TRI/3D-BON-FCS-VBM
本ソフトは投薬等による骨の改変過程をVBM(Voxel Based Morphometry)法を用い実験群とコントロール群との間の局 所的な物性値の差異を可視化し実験群の形態特徴を表現する。 投薬効果の評価に用いると薬効の局所的な効果が計測可能 である。 実験群の平均値画像は画像の平均を取るため個体差は平 均され実験群の特徴が強調される実験群の部位における 局所的な骨改変の特性が表現可能である。



症例物性値 Wenjun Li 他 2007 物性平均値像
「Voxel-based modeling and quantification of the proximal femur using inter-subject registration of quantitative CT images」
骨解析へのVBMの応用
大腿骨近位皮質骨の病変測定

1.平均値画像作成


症例画像(1)を解剖学的同一部位を一致させた基準画像(2)に変形し 各点において密度などの物性値を平均した平均値画像(3)を作成

2.投薬効果の計測 群間比較
(1)実験群とコントロール群それぞれを平均値画像に変形
(2)平均値画像上で2群に対して画素毎に有意差検定を行う。
   @ 群ごとの平均値
   A t-value画像
   B p-value 画像

3.症例の平均値からのへだたり
症例の平均値画像に対するz-value を画像上の点毎に算出
z-value = (症例値ー平均値) / σ