RATOC
RATOCトップ3D医療画像解析アプリケーション3D産業画像解析アプリケーション画像処理ソフト半導体ソフト耳石解析ソフト3D模型製作デモルームサービスご案内ソフトレンタルサービスご案内解析サービスクラウドサービス採用情報講習会ユーザーサポート
ホットニュース会社案内・会社位置


          論文紹介



                    
TRIを使った関連論文
   
     Kazunori Inoue・Takayuki Hamano・Nobuhito Nango・Isao Matsui・Kodo Tomida・
       Satoshi Mikami・Naohiko Fujii・Chikako Nakano・Yoshitugu Obi・Akihiro Shimomura・
    Yasuo Kusunoki・Hiromi Rakugi・Yoshitaka Isaka・Yoshiharu Tsubakihara
         Multidetector-row computed tomography is useful to evaluate
          the therapeutic effects of bisphosphonates
          in glucocorticoid-induced osteoporosis
      J Bone Miner Metab  DOI 10.1007/s00774-013-0485-2
   

     (医) 康和会 アイ歯科医院 廣瀬知二
       A case of the Lower First Premolar Having a Four-rooted Tendency
      Japanese journal of oral diagnosis/oral medicine

          Nobuhito Nango, Shogo Kubota, Akihisa Takeuchi, Yoshio Suzuki, 
       Wataru Yashiro, Atsushi Momose, and Koichi Matsuo
      Talbot-defocus multiscan tomography using the synchrotron 
      X-ray microscope to study the lacuno-canalicular network in 
      mouse bone 
      Biomedical Optics Express Vol. 4, Iss. 6, pp. 917-923 (2013)

    北海道区水産研究所 中村好和先生, 東北区水産研究所 栗田 豊先生、北里大学 根本 豊先生
       特定水産資源評価技術開発調査成果集1
    1.いか類、小型浮魚類日齢査定マニュアル 
             北海道区水産研究所 中村好和先生
    2.小型浮魚類の日齢査定      
             東北区水産研究所 栗田 豊先生、北里大学 根本 豊先生 
         中央水産研究所  水産研究官

     M. Uezono(1,2,3,4), K. Takakuda(4), M. Kikuchi(5),S. Suzuki(1,2), 
       K. Moriyama(1,2),
(1) Department of Maxillofacical Orthognathics,Graduate School of Tokyo Medicaland Dental University,Tokyo, Japan (2) GCOE Program,Internatinal Reserch Center for Science inTooth and Bone Disease Tokyo Medical and Dental University,Tokyo,Japan (3) Reserch Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science, Tokyo, Japan (4) Institute of Biomaterials and Biorngineering,Tokyo Medicaland Dental University,Tokyo, Japan (5) International Center for Materials Nanoarchitectonics,National Institute for Material Science,Thukuba,Japan Hydroxyapatite/collagen nanocomposite-coated titanium rod for achieving rapid osseointegration onto bone surface Journal of Biomedical Materials Research Part B Jameela Banu(1,2,3), Erika Varela(1),Juan M. Guerra(1), Ganesh Halade(4), Paul J. Williams(2), Ali N. Bahadur(1), Kokichi Hanaoka(5), Gabriel Fernandes(2) 1) Medical Reserch Division, Edinburg Regional Academic and Health Center, University of Texas Health Science Center at Antonio, USA 2) Division of Clinical Immunology and Rheumatology, Department of Medicine, University of Texas Health Science Center at Antonio, USA 3) Coordinated Program inDietetics and, Department of Biology, University of Texas-Pan American, USA 4) Barshop Institute for Longevity Studies and Aging Studies, Division of Geriatrics, Gerontology and Palliative Medicine, Department of Medicine, University of Texas Health Science Center at Antonio, USA 5) Bio-REDOX Laboratory Inc, Japan Dietary coral calcium and zeolite protects bone in a mouse model for postmenopausal bone loss Natrition Reserch (September 2012) Ko Chiba,et al.Nagasaki University of School of Medicine Relationship Between Microstructure and Degree of Mineralization in Subchondral Bone of Osteoarthritis: A Synchrotron Radiation μCT study JBMR Vol.27 No.7 July 2012
Kenji Tobita(1),Takuya Matsumoto(2), Satoru Ohashi(1),Masahiko Bessho(1,3), Masako Kaneko(1),Isao Ohnishi(1,3) 1) Department of Orthopaedic Surgery,Faculty of Medicine, University of Tokyo 2) Tokyo Metropolitan Tama Medical Center 3) International University of Health and Welfare,Tokyo Effect of low-intensity pulsed ultrasound stimulation on gap healing in a rabbit osteotomy odel evaluated by quantitative micro-computed tomography-based cross-sectional moment of inertia The Japanese Orthopaedic Association 2012
H. Hamba(1,2), T. Nikaido(1), A. Sadr(2), S. Nakashima(1), and J. Tagami(1,2) 1) Cariology and Operative Dentistry,Department of Restorative Sciences, Graduate Schoool of Medical and Dental Sciences, Tokyo Medical and Dental University, Tokyo 2) Global Center of Excellence(GCOE) Program, International Research Center for Molecular Science in Tooth and Bone Diseases at Tokyo Medical and Dental University, Tokyo Enamel Lesion Parameter Correlations between Polychromatic Micro-CT and TMR Journal of Dental Research published online 3 April 2012 DOI:10.1177/0022034512444127
Hitoshi Yamamoto1), Megumi Yokoyama2), Hitoshi Tamura3), Shigetoshi Okumura4), Eiji Kawada1) and Noboru Kuboyama5) 1) Dental Education Development Center, Tokyo Dental College,Chiba , Japan 2) Department of Physiology, Nihon University School of Dentistry at Matsudo, Chiba , Japan 3) Tamura Dental Office, 1-52-30 Honan, Suginami-ku, Tokyo, Japan 4) Rohto Pharmaceutical Co., Ltd, Osaka, Japan 5) Department of Pharmacology, Nihon University School of Dentistry at Matsudo, Chiba, Japan Studies on the Effects of Protamine-Reduced Peptide on Experimental Periodontitis Analyzed by Micro-Computerized Tomography Journal of Hard Tissue Biology 21[1] (2012) p51-56
Keiko Nakata, Nikaido Toru, Syozi Nakashima, Nobuhito Nango, Junji Tagami ・Keiko Nakata;Tokyo Medical and Dental University, Cariology and Operative Dentistry,Department of Restorative Sciences, Graduate School of Medical and Dental Sciences ・Toru Nikaido ; Tokyo Medical and Dental University, Cariology and Operative Dentistry, Department of Restorative Sciences ・Syozi Nakashima; Tokyo Medical and Dental University, Cariology and Operative Dentistry, Department of Restorative Sciences, Graduate School of Medical and Dental Sciences ・Nobuhito Nango; Ratoc System Engineering Co., Ltd, ・Junji Tagami; Tokyo Medical and Dental University, Cariology and Operative Dentistry, Department of Restorative Sciences, Graduate School of Medical and Dental University, Global Center of Excellence Program, International Reserch Center for Molecular Science in Tooth and Bone Diseases An approach to normalizing micro-CT depth profiles of mineral density for monitoring enamel remineralization progress Dental Materials Journal 11-Jan-2012
KANAE WADA(DDS), MICHIYO MIYASHIN(DDS, PHD), NOBUHITO NANGO(PHD) & YUZO TAKAGI(DDS, PHD) ・Dr.Kanae Wada(Division of Development Oral Health Science, Graduate School, Tokyo Medical and Dental Univercity, Yushima, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8549, Japan.) ・Dr.Miyashin(Lecturer), Dr.Takagi(Professor, Division of Developmental Oral Health Sciences, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University, Tokyo, Japan.)     ・Dr. Nango ( President of RATOC System Engineering Co.,Ltd.,Tokyo,Japan.) Wear of resin composites and primary enamel and their applicability to full crown restoration of primary molars American Journal of Dentistry, Vol.24, No.2,April,2011
K. Chiba(1), M. Uetani(2), Y. Kido(2), M. Ito(2), N. Okazaki(1), K. Taguchi(1), H. Shindo(1) (1) Department of Orthopaedic Surgery, Nagasaki University School of Medicine, Nagasaki, Japan (2) Department of Radiology, Nagasaki University School of Medicine, Nagasaki, Japan Osteoporotic changes of subchondral trabecular bone in osteoarthritis of the knee: a 3-T MRI study Osteoporos Int (2012) 23:589-597
Lei Cao(1), Takeshi Moriishi(3), Toshiro Miyazaki(3), Tadahiro Iimura(1,4), Miwako Hamagaki(1), Ayako Nakane(2,4), Yoshihiro Tamamura(1), Toshihisa Komori(3), Akira Yamaguchi(1,4) (1) Oral Pathology, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Tokyo Medical and Dental University Graduate School, Tokyo, Japan (2) Developmental Oral Health Science, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Tokyo Medical and Dental University Graduate School, Tokyo, Japan (3) Department of Cell Biology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki, Japan (4) Global Center of Excellence Program, International Research Center for Molecular Science in Tooth and Bone Diseases, Tokyo Medical and Dental University,Tokyo, Japan Comparativive morphology of the osteocyte lacunocanalicular system in various vertebrates  J Bone Miner Metab (2011) 29:662-670
M. Saito(1), K. Marumo(1), Y. Kida(1), C. Uchiku(1), S. Kato(1), R. Takao-Kawabata(2), T. Kuroda(3) (1) Department of Orthopaedic Surgery, Jikei University School of Medicine, Tokyo, Japan (2) Laboratory for Development Pharmacology, Pharmaceutical Research Center, Asahi Kasei Pharma Corp., Tokyo, Japan (3) Reliability Assurance Center, Asahi Kasei Pharma Corp., Tokyo, Japan Change in the contents of enzymatic immature, mature, and non-enzymatic senescent cross-links of collagen after once-weekly treatment with human parathyroid hormone (1-34) for 18 months contribute to improvement of bone strength in ovariectomized monkeys  Osteoporos Int (2011) 22:2373-2383 Hitoshi Yamamoto(1), Megumi Yokoyama(2), Hitoshi Tamura(3), Shigetoshi Okamura(4), Eiji Kawada(1), Noboru Kuboyama(5) (1) Dental Education Development Center, Tokyo DentalCollege, Chiba, Japan (2) Departments of Physiology, Nihon University School of Dentistry at Matsudo, Matsudo Chiba, Japan (3) Tamura Dental Office, Tokyo, Japan (4) Rohto Pharmaceutical Co., Ltd, Osaka, Japan (5) Departments of Pharmacology, Nihon University School of Dentistry at Matsudo, Matsudo Chiba, Japan Carrageenin-induced Periodontitis as an Experimental Model in Rats Analyed by Micro-computerized Tomography  Journal of Hard Tissue Biology Vol.20(3):227-232,2011
中田浩史(1,7), 鈴木静夏(2), 渡辺丈絋(2), 寒河江登志朗(3,7), 谷本安浩(4,7), 久保山昇(5,7), 中薹麻美(6), 寺西真理(6), 櫻井甫(6), 木本統(1,7), 矢崎貴啓(1,7), 林幸男(1,7), 郡司敦子(1,7), 佐伯啓之(1), 加藤仁男(6,7), 河相安彦(1,7)      (1) 日本大学松戸歯学部 有床義歯補綴学講座、日本大学大学院松戸歯学研究科 (2) 顎口腔義歯リハビリテーション学専攻 (3) 解剖学U講座 (4) 歯科生体材料学講座 (5) 薬理学講座 (6) 口腔インプラント学講座 (7) 口腔科学研究所 卵巣摘出したラットが摂取するミネラルの違いによる大腿骨幹部の骨質変化 --Micro-CTによる観察--  Nihon Univ.J.Oral Sci. 37:13〜21, 2011 Hiroshi Nakada(1,7), Shizuka Suzuki(2), Toshiro Sakae(3,7), Yasuhiro Tanimoto(4,7), Noboru Kuboyama(5,7), Mari Teranishi(6), Takao Kato(6,7), Takehiro Watanabe(2), Hiromi Kimura-Suda(8), Racquel Z. LeGeros(9), and Yasuhiko Kawai(1,7)       (1) Department of Removable Prosthodontics, Nihon University School of Dentistry at Matsudo, Matsudo Chiba, Japan (2) Nihon University Graduate School of Dentistry at Matsudo, Gnatho-Oral Prosthodontics, Matsudo Chiba, Japan (3) Departments of Histology, Nihon University School of Dentistry at Matsudo, Matsudo Chiba, Japan (4) Departments of Dental Biomaterials, Nihon University School of Dentistry at Matsudo, Matsudo Chiba, Japan (5) Departments of Pharmacology, Nihon University School of Dentistry at Matsudo, Matsudo Chiba, Japan (6) Departments of Oral Implantology, Nihon University School of Dentistry at Matsudo, Matsudo Chiba, Japan (7) Research Institute of Oral Science, Nihon University School of Dentistry at Matsudo, Matsudo Chiba, Japan (8) Departments of Bio- and Material Photonics, Chitose Institute of Science and Technology, Chitose Hokkaid, Japan (9) Departments of Biomaterials and Biomimetics, New York University College of Dentistry, NY, USA Quantitative and Qualitative Analyses of Low-mineral-diet Ovariectomised Rat Femora Using Microscopic Computed Tomography  Journal of Hard Tissue Biology Vol.20(2):107-114,2011 Eitetsu Cho(a), Alireza Sadr(b), Norimich Inai(c), Junji Tagami(a,b)      (a) Cariology and Operative Dentistry, Department of Restorative Science, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University, Tokyo, Japan (b) Department of Cariology and Operative Dentistry, Global center of Excellence(GCOE) Program, International ResearchCenter for Molecular Science in Tooth and bone Disease at Tokyo Medical and Dental University, Tokyo, Japan (c) Medical Office, Welfare Division, Minister's Secretariat, The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan, Tokyo, Japan Evaluation of resin composite polymerization by three dimensional micro-CT imaging and nanoindentation  Dental Materials, 27: (2011) 1070-1078 Miyuki Takasu(a), Chihiro Tani(a), Miho Ishikawa(a), Shuji Date(a), Jun Horiguchi(a), Masao Kiguchi(a), Akihisa Tamura(c), Akira Sakai(b), Hideki Asaoku(d), Nobuhito Nango(e), Kazuo Awai(a)      (a) Department of Diagnostic Radiology, Graduate School of Biomedical Sciences, Hiroshima University, Hiroshima, Japan (b) Department of Hematology and Oncology, Research Institute for Radiation Biology and Medicine, Hiroshima University, Hiroshima, Japan (c) Departments of Radiology, Hirishima Red Cross Hospital&Atomic-bomb Survivors Hospital,Hiroshima, Japan (d) Departments of Radiology and Hematology, Hirishima Red Cross Hospital&Atomic-bomb Survivors Hospital, Hiroshima, Japan (e) Ratoc System Engineering, Tokyo, Japan Multiple Myeloma: Microstructural Analysis of Lumbar Trabecular Bones in Patients without Visible Bone Lesions  Radiology: Volume260: Number2-August2011, radiology.rsna.org Yasuhiro Shimizu(a), Jun Hosomichi(a,b), Sawa Kaneko(a), Naoki Shibutani(a), Takashi Ono(a)      (a) Orthodontic Science, Department of Orofacial Development and Function, Division of Oral Health Sciences, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University, Tokyo, Japan (b) Department of Orthodontics and Pediatric Dentistry, School of Dentistry, University of Michigan, MI, USA Effect of sympathetic nervous activity on alveolar bone loss induced by occlusal hypofunction in rats   Archives of Oral Biology(2011), doi:10.1016/j.archoralbio.2011.05.004 Takashi Hayami(a), Shigeki Hontsu(a), Yuichi Higuchi(b), Hiroaki Nishikawa(a), Masanobu Kusunoki(a)      (a) School of Biology-Oriented Science and Technology, Kinki University, Wakayama, Japan (b) Department of Geriatric Dentistry, Osaka Dental University, Osaka, Japan Osteoconduction of a stoichiometric and bovine hydroxyapatite bilayer-coated implant   Clin. Oral Impl. Res. 10.1111/j.1600-0501.2010.0257.x Satoshi Suyama, Kazuhiro Oshima, Masayasu Nakagami, Atsushi Kawabata       ・Hachinohe Branch, Tohoku National Fisheries Research Institute Seasonal changes in otolith and somatic growth in age-0 Pacific saury Cololabis saira  Fish Sci(2011),77:223-233 H. Hamba(a,b), T. Nikaido(a), G. Inoue(a), A. Sadr(b), J. Tagami(a,b)      (a) Cariology and Operative Dentistry, Department of Restorative Sciences, Graduate School of Mesical and Dental Sciences, Tokyo Medical and Dentistry, Tokyo, Japan (b) Global Center of Excellence(GCOE) Program, International Research Center for Molecular Science in Tooth and Bone Diseases at Tokyo Medical and Dental University, Tokyo, Japan Effects of CPP-ACP with sodium fluoride on inhibition of bovine enamel demineralization: A quantitative assessment using micro-computed tomography   JOURNAL OF DENTISTRY, 2011, JJOD-1708 K. Tobita(1), I. Ohnishi(2), T. Matsumoto(1), S. Ohashi(3), M. Bessho(3), M. Kaneko(1), J. Matsuyama(1), K. Nakamura(4) From the University of Tokyo, Tokyo, Japan      (1) MD, Orthopaedic Surgeon (2) MD, PhD, Assistant Professor      (3) MD, PhD, Orthopaedic Surgeon      (4) MD, PhD, Professor Effect of low-intensity pulsed ultrasound stimulation on callus remodelling in a gaphealing model   J Bone Joint Surg [Br], 2011;93-B:525-30 Hirokazu Sato(1), Yoshiaki Ide(2), Masanori Nasu(3), Yukihiro Numabr(1)      (1) Department of Peridontology, The Nippon Dental University School of Life Dentistry at Tokyo (2) Section of Developmental and Regenerative Dentistry, The Nippon Dental University School of Life Dentistry at Tokyo      (3) Research Center for Odontology, The Nippon Dental University School of Life Dentistry at Tokyo The effects of oral xylitol administration on bone density in rat femur   Odontology(2011)99:28-33, DOI 10.1007/s10266-010-0143-2 K. Chiba, M. Ito, M. Osaki, M. Uetani, H. Shindo       ・Department of Orthopaedic Surgery, Nagasaki University School of Medicine, Japan ・Department of Radiology, Nagasaki University School of Medicine, Japan In vivo structural analysis of subchondral trabecular bone in osteoarthritis of the hip using multi-detector row CT   Osteoarthritis and Cartilage, 19(2011) 180e185 Yuko Mogi(1), Yayoi Kagami(1), Kazuyoshi Kuwano(2), Shinichi MIyamura(3), Tamotsu Nagumo(4) and Shigeyuki Kawano(1)      (1) Department of Intergrated Biosciences, Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo (2) Department of Marine Science and Technology, Graduate School of Science and Technology, Nagasaki University      (3) Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba      (4) The Nippon Dental University, Chiyoda-ku, Tokyo ASYMMETRY OF EYESPOT AND MATING STRUCTURE POSITIONS IN ULVA COMPRESSA(ULVALES, CHLOROPHYTA) REVEALED BY A NEW FIELD EMISSION SCANNING ELECTRON MICROSCOPY METHOD  J. Phycol. 44, 1290-1299(2008) DOI:10.1111/j.1529-8817.2008.00573.x 高橋英俊、松尾朗、千葉博茂       東京医科大学口腔外科学講座 Hydroxyapatite/poly-L-lactideメッシュトレーと海綿骨細片による 下顎骨再建後の骨微細構造の検討  東京医科大学雑誌 第68巻 第2号 別刷、205-216,2010 Ryuichi Arisaka(1), Akira Matsuo(1), Hiroshige Chiba(1), Hidetoshi Takahashi(1), Sawako Takeuchi(1), Masato Watanabe(1) and Satoru Hojo(2)      (1) Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Tokyo Medical University (2) Division of Maxillofacial Rehabilitation, Kanagawa Dental College Preliminary Clinical Study to Evaluate the Relationship between Systemic Bone Turnover and the Microstructure of the Alveolar Bone  Oral Science International, May 2009, P.27-35 Toru Ymaguchi(1.2), Yasunari Takada(2.3.4), Kenta Maruyama(3), Kouji Shimoda(5), Yoshinori Arai(6), Nobuhito Nango(7), Naoto Kosaki(1),Hironari Takaishi(1), Yoshiaki Toyama(1), and Koichi Matsuo(3,4)      (1) Department of Orthopaedic Surgery, School of Medicine, Keio University, Tokyo, Japan (2) These authors contributed equally to this work; (3) Department of Microbiology and Immunology, School of Medicine, Keio University, Tokyo, Japan (4) Center for Integrated Medical Research, School of Medicine, Keio University, Tokyo, Japan (5) Laboratory Animal Center, School of Medicine, Keio University, T okyo, Japan (6) Nohon University School of Dentistry, Tokyo, Japan (7) Ratoc System Engineering Co.,Ltd., Bunkyo-ku, Tokyo, Japan Fra-1 Impairs Inflammatory Responses and Chondrogenesis in Fracture Healing  JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH, Volume24, Number12,2009; doi:10.1359/JBMR.090603 Takao Iwai(a), Yoshifumi Harada(b), Koichi Imura(c), Sadahiro Iwabuchi(d), Junko Murai(a),Kunihiko Hiramatsu(a), Akira Myoui(e), Hideki Yoshikawa(a), Noriyuki Tsumaki(a)      (a) Department of Orthopaedic Surgery, Osaka University Graduate School of Medicine (b) Teijin Institute for bio-medical Research, Teijin Pharma Limited, Tokyo, Japan (c) Bio-Ceramics Business Division, Toshiba Ceramics Co., Kanagawa, Japan (d) Bio-medical Engineering Laboratories, Tijin Pharma Limited, Tokyo, Japan (e) Medical Center for Translational Research, Osaka University Hospital, Osaka, Japan. Low-intensity pulsed ultrasound increases bone ingrowth into porous hydroxyapatite ceramic   J Bone Miner Metab(2007) 25:392-399, DOI 10.1007/s00774-007-0777-5 Reina Tanaka(a), Yo Shibata(a), Atsufumi Manabe(b), Takashi Miyazaki(a)       (a) Department of Oral Biomaterials and Techinology, Showa University school of Dentistry (b) Division of Aesthetic Dentistry, Showa University school of Dentistry Micro-structural integrity of dental enamel subjected to tow rooth whitening regimes   Archives of Oral Biology, 28 February 2010, 55(2010) 300-308 Keizo Nishikawa(a,b), Tomoki Nakashima(a,b,c), Mikihito Hayashi(a,b), Takanobu Fukunaga(a,b), Shigeaki Kato(d,e), Tatihiko Kodama(f), Satoru Takahashi(g), Kathryn Calame(h), and Hiroshi Takayanagi(a,b,c)      (a) Department of Cell Signaling, Tokyo Medical and Dental University (b) International Research Center for Molecular Science in Tooth and Bone Diseases (c) Exploratory Research for Advanced Technology, Japan Science and Technology Agency (d) Graduate school of Medicine, University of Tokyo (e) Kato Nuclear Complex, Japan Science and Technology Agency (f) Department of Molecular Biology and Medicine, University of Tokyo (g) Institute of Basic Medical Sciences and Lab Animal Resource Center, University of Tsukuba (h) Columbia University College of Physicians and Surgeons Blimp1-mediated repression of negative regulators is required for osteoclast differentiation PNAS Early Edition, December 23 2009 Sawako Takeuchi, Akira Matsuo, Hiroshigi Chiba Beneficial Role of Periosteum in Distraction Osteogenesis of Mandible: Its Preservation Preservation Prevents the External Bone Resorption Tohoku J. Exp. Med., 2020,220(1), 67-75 Ramiro E. Toribio, Holly A. Brown, Chad M. Novince, ect. Department of Veterinary Clinical Sciences, College of Veterinary Medicine, The Ohio State University The midregion, nuclear localization sequence, and C terminus of PTHrP regulate skeletal development, hematopoiesis, and survival in mice   FASEB Journal, February 16, 2010 Shimpei TAKIGUCHI(1), Noboru KUBOYAMA(2),Kayo KUYAMA(3), Hirotsugu YAMAMOTO(3), Toshirou KONDOH(1)      (1) Department of Maxillofacial Surgery, Nihon University School of Dentistry at at Matsudo (2) Department of Oral Molecular Pharmacology, Nihon University School of Dentistry at at Matsudo (3) Department of Oral Pathology, Nihon University School of Dentistry at at Matsudo Experimental study of bone formation ability with the periosteum on rat calvaria   Journal of Hard Tissue Biology, Vol. 18 (2009) , No. 3 page.149-159 田中 浩史(1,4,5)、沼田 靖子(1)、 寒河江登志朗(2,5)、玉木 大之(3,4,5)、加藤 仁夫(3,4,5)       (1) 日本大学松戸歯学部顎口腔義歯リハビリテーション学講座  (2) 日本大学松戸歯学組織・発生・解剖学講座 (3) 日本大学松戸歯学部顎顔面インプラント学講座  (4) 日本大学松戸歯学部付属病院口腔インプラント科 (5) 日本大学松戸歯学部口腔科学研究所 ウサギを用いた新生骨の骨塩量に関わる骨質変化の観察:インプラント体周囲の 新生骨と皮質骨の比較  日本口腔インプラント学会誌、第22巻 第3号、平成21年9月30日 Yoshihito Shimazu(1), Kaori Sato(1), Kyoko Aoyagi(2), Nobuhito Nango(3), Takaaki Aoba(1) (1) Department of Pathology, School of Life Dentistry at Tokyo, Nihon Dental University (2) epartment of Pediatric Dentistry, School of Life Dentistry at Tokyo, Nihon Dental University (3) RATOC System Engineering Co., LTD Hertwig's Epithelial Cells and Multi-root Development of Molars in Mice Journal of Oral Biosciences Vol.51 No.4, November 2009 瀧口晋平(1)、久保山昇(2)、久山佳代(3)、山本浩嗣(3)、 近藤壽郎(1)       (1) 日本大学松戸歯学部顎顔面外科学講座   (2) 日本大学松戸歯学部口腔分子薬理学講座   (3) 日本大学松戸歯学部口腔病理学講座 ラット頭蓋骨骨膜拳上時における骨膜性骨形成   医学と物理学、第153巻 第12号、平成21年12月 Homg Cao, Noboru Kuboyama A biodegradable porous composite scaffold of PGA/β-TCP for bone tissue engineering BONE, Elsevier Inc., DOI 10.1016/j.bone.2009.09.031, 24 September 2009 Hisato Hikita, Ken Miyazawa, Masako Tabuchi, Masakazu Kimura, Shigemi Goto Bisphosphonate administration prior to tooth extraction delays initial healing of the extraction socket in rats J Bone Miner Metab, DOI 10.1007/s00774-009-0090-6, 13 May 2009 Yoshihiko Tsukamoto, Katsuko Morigiwa, Masaaki Ishii, Motoharu Takao, Ken Iwatsuki, Shigetada Nakanishi and Yutaka Fukuda A Novel Connection between Rods and ON Cone Bipolar Cells Revealed by Ectopic Metabotropic Glutamate Receptor7(mGluR7) in mGluR6-Deficient Mouse Retinas The Journal of Neuroscience, June 6, 2007・27(23):6261-6267・6261 Mitsuharu Midorikawa, Yoshihiko Tsukamoto, Ken Berglund, Masaaki Ishii and Masao Tachibana Different roles of ribbon-associated and ribbon-free active zones in retinal bipolar cells Nature Neuroscience, Volume 10, Number 10, October 2007 Syuntaro Nomoto, Satoru Matsunaga, Yoshinobu Ide, Shinichi Abe, Toshiyuki Takahashi, Fumiaki Saito and Toru Sato Stress Distribution in Maxillary Alveolar Ridge According to Finite Element Analysis Using Micro-CT Bull Tokyo Dent Coll(2006) 47(4):149-156 Tanaka R, Shibata Y, Manabe A, Miyazaki T Mineralization Potential of Polarized DentalEnamel PLoS ONE Vol. 4 Issue 6 e5986. doi:10.1371/journal.pone.0005986 June 2009 Hiroshi Nagashima, FumiakiSugahara, Masaki Takechi, Rolf Ericsson, Yoshie Kawashima-Ohya, Yuichi Narita, Shigeru Kuratani Evolution of the Turtle Body Plan by the Folding and Creation of New Muscle Connections SCIENCE Vol325 10 JULY 2009 Nobuyuki Fukudome(1), Eiji Ohno, PhD(2), Mamoru Mochizuki, MD, PhD(3) Hiromi Eguchi, Hideaki Kojima, MD,PhD(5) (1) Chiba Institute of Science, Choshi (2) Kurashiki Graduate University of Science and The Arts, School of Life Science, Kurashiki (3) PCL Japan (5) Mitsubishi Chemical Medience, Department of Pathology and Clinical Cytology, Mitsubishi Chemical Medience Three-Dimensional Reconstructive Analysis of Intracytoplasmic Lumina Found in Ependymomas The Official Journal of Japanese Society of Laboratory Medicine Vol. 57 No.4, 2009 町田 正文(1), 浅井 亨(2), 南郷 脩史(3) (1) 国立病院機構村山医療センター臨床研究センター (2) 川口市立医療センター整形外科 (3) ラトックシステムエンジニアリング(株) 多列器CT画像による椎体骨描出性能の検証 microCT との比較 臨整外 44:177〜181, 2009 Sho Kanzaki(1), Yasunari Takada(2), Kaoru Ogawa(1), Koichi Matsuo(2) (1) Department of Otolaryngology, School of Medicine, Keio University, Tokyo, Japan (2) Department of Microbiology and Immunology, School of Medicine, Keio University, Tokyo, Japan Bisphosphonate Therapy Ameliorates Hearing Loss in Mice Lacking Osteoprotegerin JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH Volume 24(No.1, 2009) : 43 - 49 Masamichi Takahashi(1), Else Marie Friis(2), Kentaro Uesugi(3), Yoshio Suzuki(3), Peter R. Crane(4) (1) Department of Environmental Sciences, Faculty of Science, Niigata University, Japan (2) Department of Palaeobotany, Swedish Museum of Natural History, S-10405 Stockholm, Sweden (3) Japan Synchrotron Radiation Research Institute, Hyogo Japan (4) Department of the Geophysical Sciences, University of Chicago, U.S.A. FLORAL EVIDENCE OF ANNONACEAE FROM THE LATE CRETACEOUS OF JAPAN Int. J. Plant Sci. 167(7):908-917. 2008. Masamichi Takahashi(1), Else Marie Friis(2), Patrick S. Herendeen(3), and Peter R. Crane(4) (1) Department of Environmental Sciences, Faculty of Science, Niigata University, Japan (2) Department of Palaeobotany, Swedish Museum of Natural History, S-10405 Stockholm, Sweden (3) Department of Biological Sciences, George Washington University, U.S.A. (4) Department of the Geophysical Sciences, University of Chicago, U.S.A. FOSSIL FLOWERS OF FAGALES FROM THE KAMIKITABA LOCALITY (EARLY CONIACIAN; LATE CRETACEOUS) OF NORTHEASTERN JAPAN Int. J. Plant Sci. 169(7):899-907. 2008. Takeshi Fujita(1), Li-Hua Qian,(1), Koji Inoke(2), Jonah Erlebacher(3), and Ming-Wei Chen(1,a) (1) WPI Advanced Institute for Materials Research, Tokyo University, Sendai 980-8577, Japan (2) FEI Company Japan Ltd., Minato-ku, Tokyo 108-0075, Japan (3) Department of Materials Science and Engineering, Johns Hopkins University, Maryland 21218, USA Three-dimensional morphology of nanoporous gold APPLIED PHYSICS LETTERS 92, 251902 (2008) 中田浩史(1,8), 諏訪武利(2), 沼田靖子(2), 岡崎義光(3), 町田 健(1,8), 郡司敦子(1,8), 寒河江登志朗(4,8), 早川 徹(5,8), 加藤仁夫(6,8), 和田守康(7,8), 小林喜平(1,8) (1) 日本大学松戸歯学部 顎口腔義歯リハビリテーション学講座 (2) 日本大学大学院 松戸歯学研究科 総義歯学専攻 (3) 産業技術総合研究所つくば東事業所人間福祉医工学研究部門 (4) 日本大学松戸歯学部 組織・発生・解剖学講座 (5) 日本大学松戸歯学部 歯科生体材料学講座 (6) 日本大学松戸歯学部 口腔顎顔面インプラント学講座      (7) 日本大学松戸歯学部 再生歯科保存治療学講座      (8) 日本大学松戸歯学部 口腔科学研究所 Tokyo, Japan. 表面処理をしたチタンインプラント周囲新生骨のMicro-CTによる観察        骨梁構成および骨密度測定について 再生歯誌 3(1):24-40, 2005 Toshiro Kanazawa(1,2,3), Toshiki Uchihara(2), Atsushi Takahashi(4), Ayako Nakamura(2), Satoshi Orimo(1,2), Hidehiro Mizusawa(3) (1) Department of Neurology, Kanto Central Hospital. (2) Department of Neurology, Tokyo Metropolitan Institute for Neurosciense. (3) Department of Neurology and Neurological Science, Tokyo Medical and Dental University. (4) Organ and Function Pathology Division, Yokufukai Geriatric Hospital, Tokyo, Japan. Three-Layered Structure Shared Between Lewy Bodies and Lewy Neurites - Tree-Dimensional Reconstruction of Triple-Labeled Sections Brain Pathology 18(2008) 415-422 H. Chen, S. Shoumura, S. Emura, Y. Bunai Regional variations of vertebral trabecular bone microstructure with age and gendar Osteoporos Int. Received: 5 September 2007 / Accepted: 5 February 2008 Teruki Sone,(a), Tsutomu Tamada(b), Yoshimasa Jo(c), Hidenao Miyoshi(a), and Masao Fukunaga(a) (a)Department of Nuclear Medicine, (b)Department of Diagnostic Radiology, (c)Department of Urology Analysis of three-dimensional microarchitecture and degree of mineralization in bone metastases from prostate cancer using synchrotron microcomputed tomography Bone 35 (2004)432-438 Received 6 October 2003; revised 2 March 2004; accepted 13 May 2004 R. BinteAnwov, M. Tanaka, S. Kohno, M. Lkegame, N. watanabe, M. Nowazesh Ali, and S. Ejiri Relations between Porotic Changes in Alvelar Bone and Spinal Osteoporosis Jounal of Dental Research Featuring Critical Reviews in Oral Biology and Medicine Volume 86, Number1 January 2007 江尻 真一 (財)金原一郎記念医学医療振興財団 マイクロCTの原理と応用 生体の科学 第51巻 6号 2000年 12月 15日     Atsuko Sato(a), Yutaka Hisanaga(b), Yoko Inoue(2), Toshikazu Nagato(a) and Hidetoshi Toh(a) (a)Department of Morphological Biology(Functional Structure) (b)Department of Oral Groth and Development(Orthodontics), Fukuoka Dental College Three-Dimensional Structure of Apical Vesicles of Tuft Cells in the Main Excretory Duct of the Rat Submandibular Gland European Journal of Morphology 2002, Vol. 40, No.4, pp. 235-239 Masaharu Tanaka(1), Mana Mitamura(1), Anbo Xiang(1), Taeko Yonekawa(1), Toshihiko Kaise(1), Hideo Nikkawa(1), Satoshi Asano(1), and Mine Kinoshita(1) (1)Pharmacology Department, Tsukuba Research Laboratories, High Throughput Biology, Discovery Research, GlaxoSmithKline, 300-4247, Japan Effects of Alendronate and Prednisolone on a Model of Pheumatoid Arthritis in Mice J Toxicol Pathol 2007; 20: 21-27 Anbo Xiang(a), Masahiro Kanematsu(a), Sanjay Kumar(b), Dennis Yamashita(c), Toshihiko Kaise(a), Hideo Nikkawa(a), Satoshi Asano(a), Mine Kinoshita(a) (a)Department of Pharmacology, Tsukuba Research Laboratories, GlaxoSmithKline K.K., 43 Wadai, Tsukuba, Ibaraki 300-4247, Japan (b)Department of Musculoskeletal Diseases, GlaxoSmithKline, Collegeville, PA 19426, USA (c)Department of Medical Chemistry, GlaxoSmithKline, Collegeville, PA 19426, USA Changes in micro-CT 3D bone parameters reflect effects of a potent cathepsin K inhibitor (SB-553484) on bone resorption and cortical bone formation in ovariectomized mice Bone 40 (2007) 1231-1237 H.Kojima(a), H.Eguchi(a), T.Mizutani(b), K.Tanaka(b), Y.Kikuchi(a) and N.Fukudome(c) (a)Department of Clinical Neuropathology, Tokyo Metropolitan Institute for Neuroscience, (b)Department of Neurosurgery,Tokyo Metropolitan Fuchu Hospital,Tokyo, (c)Department of Enviromental Security System, Chiba Institute of Science,Chiba, Japan Three-dimensional analysis of pathological characteristics of a microaneurysm Clinical Neuropathology, Vol.26-No. 2/2007(74-79) Anbo Xiang, MD, PhD, Masahiro Kanematsu, PhD, Mana Mitamura, Hideo Kikkawa, PhD,Satoshi Asano, PhD, and Mine Kinoshita, PhD Analysis of Change Patterns of Microcomputed Tomography 3-Dimensional Bone Parameters as a High-Throughput Tool to Evaluate Antiosteoporotic Effects of Agents at an Early Stage of Ovariectomy-Induced Osteoporosis in Mice Investigative Radiology Volume 41, Number 9, September 2006 手塚健一、川口敦司、武田知子、高橋昭如、和田義孝、菊池正紀 岐阜大学大学院 医学系研究科 組織・器官形成分野/ 科学技術振興機構 戦略的創造研究 「さきがけ」 東京理科大学 理工学部 機械工学科 骨リモデリングシミュレーションで挑むテーラーメイド再生医療 iBone によるヒト下顎骨構造評価 JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH Volume 20, Number 10, 2005 Published online on June 20, 2005; doi: 10.1359/JBMR.050610 2005 American Society for Bone and Mineral Research Teruki Sone,a,* Tsutomu Tamada,b Yoshimasa Jo,c Hidenao Miyoshi,a and Masao Fukunagaa a Department of Nuclear Medicine, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Okayama 701-0192, Japan b Department of Diagnostic Radiology, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Okayama 701-0192, Japan c Department of Urology, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Okayama 701-0192, Japan Analysis of three-dimensional microarchitecture and degree of mineralization in bone metastases from prostate cancer using synchrotron microcomputed tomography BONE 2004,VOL35 432-438 Stegaroiu, R.(a), Watanabe N.(b), Tanaka M.(c), Ejiri S.(d), Nomura S.(a), Miyakawa O.(e) Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences (a)Oral Health in Aging & Fixed Prosthodontics, (b)Orthodontics, (c)Removable Prosthodontics, (d)Anatomy and Cell Biology of the Hard Tissue, (e)Dental Biomaterial ScienceNiigata, Japan Peri-Implant Stress Analysis in Simulation Models With or Without Trabecular Bone Structure The International Journal of Prosthodontics Volume 19, Number 1, 2006 40 -42 日清製粉グループ本社 前田竜郎 竹内光司 遠藤繁 日本大学 都 甲洙   独立行政法人農研機構・食品総合研究所 杉山純一 東京大学大学院 相良 泰行  京都大学大学院 白神清三郎 植田充美 パン生地中のパン酵母の3次元可視化 日本冷凍空調学会論文集  Vol.23 No.3 別刷 PP.313-320 Mitsuru Horiki,1 Takeshi Imamura,2 Mina Okamoto(1) Makoto Hayashi(2) Junko Murai(1) Akira Myoui(1) Takahiro Ochi(1) Kohei Miyazono(2,3) Hideki Yoshikawa(1) and Noriyuki Tsumaki(1) (1) Department of Orthopaedics, Osaka University Graduate School of Medicine, Osaka 565-0871, Japan (2) Department of Biochemistry, The Cancer Institute of the Japanese Foundation for Cancer Research, Tokyo 170-8455, Japan (3) Department of Molecular Pathology, Graduate School of Medicine, University of Tokyo, Tokyo 113-0033, Japan Smad6/Smurf1 overexpression in cartilage delays chondrocyte hypertrophy and causes dwarfism with osteopenia The Journal of Cell Biology|Volume 165, Number 3, 2004 434-444 Toshiki Uchihara, Ayako Nakamura, Hiroshi Nakayama, Kunimasa Arima, Norio Ishizuka,Hiroshi Mori, and Setsuo Mizushima Triple Immunofluorolabeling with Two Rabbit Polyclonal Antibodies and a Mouse Monoclonal Antibody Allowing Three-dimensional Analysis of Cotton Wool Plaques in Alzheimer Disease Volume 51(9): 1201-1206, 2003 The Journal of Histochemistry & Cytochemistry H. Ohgushi(l.*) Y. Dohi(2) T. Katuda(2) S. Tamai(1) S. Tabata(3) and Y. Suwa(4) Departments of (1)Orthopedics, (2)Public Health, and (3)Chemistry, Nara Medical University, Kashihara City, Nara 634,Japan; (4)STK Ceramics Laboratory Corporation, Nagoya, Japan In vitro bone formation by rat marrow cell culture Journal of Biomedical Materials Research, Vol. 32, 333-340 (1996) Y.-I. Joo,(a)T. Sone(b*) M. Fukunaga(b) S.-G. Lim(c) and S. Onodera(a) (a) Department of Health and Sports Sciences, Kawasaki University of Medical Welfare, Kurashiki, Japan (b) Department of Nuclear Medicine, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Japan (c) Department of Physical Education, Yongin University, Yonin-shi, South Korea Effects of endurance exercise on three-dimensional trabecular bone microarchitecture in young growing rats Bone 33 (2003) 485-493 Masako Ito, Kyoji Ikeda, Masahiko Nishiguchi, Masataka Uetani, Takayuki Hosoi, and Hajime Orimo Multi-Detector Row Ct Imaging of Vertebral Microstructure for Evaluation of Fracture Risk Journal of Bone and Mineral Research vol 20, No.10, 2005 Published online on June 20, 2005; doi: 10.1359/JBMR.050610 Teruki Sone, Tsutomu Tamada, Yoshimasa Jo, Hidenao Miyoshi, and Masao Fukunaga Analysis of three-dimensional microarchitecture and degree of mineralization in bone metastases from prostate cancer using synchrotron microcomputed tomography Bone 35 (2004)432-438 安達 泰治 京都大学大学院 工学研究科機械工学 西海 征志・冨田 佳宏 神戸大学大学院 自然科学研究科機械・システム科学 ラット海綿骨の欠損モデルの作成と再生骨の力学特性評価 日本臨床バイオメカニクス学会誌 Vol.25, 2004 S.Shibata, N.Suda, S.Yoda, H.Fukuoka, K.Ohyama, Y.Yamashita, T.Komori Runx2-deficient mice lack mandibular condylar cartilage and have deformed Meckel's cartilage Spriger-Verlag2004 Mar-04 柬理 頼亮・青葉 孝昭 日本歯科大学歯学部病理学講座 マウス下顎頭の成長と加齢に伴う形態構造変化: エックス線μCT法と組織染色法による検討 歯科基礎医学会雑誌 第45巻 第4号 高田 政彦・村田喜代史 滋賀医科大学放射線科 菊地 克久 ・今井 晋二 滋賀医科大学整形外科 大谷 隆彦 同志社大学工学部電気工学科 南郷 脩史 ラトックシステムエンジニアリング(株) マルチスライスCTの画像データを用いたヒト腰椎インビボ3次元骨梁構造解析 ―――――インビトロにおける再現性の検討―――――― 日骨形態誌・13. 51-55, 2003 吉本正美 日本医科大学 Somatotopic Organization of the Trigeminal Ganglion Cells in a Cichild Fish,Oreochromis(Tilapia)niloticus Brain,Bhavior and Evolution Vol.65/NO.2/S.Karger AG,Basel Jan 増田 弘毅 秋田大学医学部 第二病理 Physiological angiogenesis in electrically stimulated skeletal muscle in rabbits: Characterization of capillary sprouting by ultrastructural 3-D reconstruction study Pathology International(2002);52 Jul-02 小島 英明 東京都神経科学総合研究所 いわゆる高血圧性脳内出血の発症原因のなぞ 日本医事新報 No.4066 Mar-02 塚本 吉彦 兵庫医科大学 生物学 Microcircuits for Night Vision in Mouse Retina The Journal of Neuroscience 2001,21(21) Nov-01 山口 勝之 獨協医科大学 病理学 Autopsy case of thanatophoric dysplasia: Observations on the serial sections of the brain Neuropathorogy 2001;21 Apr-01 大竹 徹 福島県立医科大学 第二外科学 Vol.15 No.5 コンピュータ支援下3次元再構築による 乳房内全乳管腺葉系の解剖学的検討 乳癌の臨床 Oct-00 石川 朋子 日本医科大学 解剖学第一 HE ANATOMICAL RECORD Three-Dimensional Observations of Spatial Arrangement of Hepatic Zonation and Vein System in Mice and House Musk Shrews THE ANATOMICAL RECORD Oct-00 櫻井 清子 北里大学医療衛生学部 尾川 浩一 法政大学工学部 CT画像による脊椎形状の解析 桐山 健・岡本 純明・岡本 純忠 三洋骨粗鬆症研究所 野中 希一 西本産業株式会社 日常の骨粗鬆症診療における骨量測定の意義と役割 ―――――橈骨pGCTの骨粗鬆症における有用性――――― 日骨形態誌・9, 85-89, 1999 原 利明 新潟大学工学部機械システム工学科 長井  貴 エプソン株式会社 内山  徹 ハーバード大学医学部 高橋 栄明 新潟骨の科学研究所  骨の三次元構造と強度 日骨形態誌・9, 109-113, 1999 伊東 昌子・鶴崎久美子・林 邦昭 長崎大学医学部放射線科 松本 智子・進藤 裕幸 長崎大学医学部整形外科 古賀 揚維 長崎大学工学部構造工学科 河野 順 長崎県済正会病院放射線科 池田 聡・中村 利孝 産業医科大学整形外科 三次元骨微細構造と骨力学特性について 日骨形態誌・9, 103-108, 1999 武田 淳史 慈恵会医科大学 青戸病院 内科 Image and DNA Analysis of Hypertrophic Myocytes in Hypertensive Heart Disease and Hypertrophic Cardiomyopathy Analytical and Quantitative Cytology and Histology Oct-99 上原 清子 福岡大学医学部 解剖学第二 Tubular invaginations with caveolae and coated pits in the sinus endothelial cells of the rat spleen Histochem. Cell Biol.(1999) Sep-99 山科 正平 北里大学医学部 解剖学 The Serous Demilune of Rat Sublingual Gland Is an Artificial Struvture Produced by Conventional Fixation Arch. Histol. Cytol. Vol.62 No.4(1999) Aug-99 釜澤 尚美 日本女子大学理学部物質生物科学科 Three-dimensional analysis of protein aggregate body in Saccharomyces cerevisiae cells Journal of Electron Microscopy 48(2),1999 May-99 上原 清子 福岡大学医学部 解剖学第二 The surface-connected canalicular system in the sinus endothelial cells of rat spleen Cell & Tissue Research(1999) Mar-99 小野 久子 大津赤十字病院 病理部 三次元モデル構築による心肥大計数 医学検査 Vol.47 No.9 Oct-98 大隅 正子 日本女子大学理学部物質生物科学科 Dynamics of Cell Wall Formation in Fission Yeast, Schizosaccharomyces pombe Fungal Genetics and Biology,24 May-98 望月 衛 いわき市立常磐病院 病理科 非ホジキンリンパ腫における核の三次元形状解析 日本臨床細胞学会誌 Vol.36 No.6 Nov-97 TOR HILDEBRAND and PETER RUEGSEGGER Quantification of Bone Microarchitecture with the Structure Model Index CMBBE, Vol.1, 15-23 TOR HILDEBRAND and PETER RUEGSEGGER A new method fir the model-independent assessment of thickness in three-dimensionsl images Journal of Microscope, Vol.185, 67-75 A.ODGAARD Three-Dimensional Methods Quantification of Cancellouse Bone Vol.20, N0.4 April 1997:315-328 小室 輝昌 早稲田大学 人間科学部 SEM立体組写真による形態計測法 組織細胞化学 1997 Oct-97 南郷 脩史 (株)ラトックシステムエンジニアリング 三次元画像処理技術 金属 Vol.67 No.8 Aug-97 佐藤 二美 東京医科歯科大学 医学部解剖学 Serial Electron Microscopic Reconstruction of Axon Terminals on Physiologically Identified Thalamocortical Neurons in the Cat Ventral Lateral Nucleus he Journal of Comparative Neurology(1997)388 Jul-97 北迫 勇一 東京医科歯科大学 歯科保存学 Sealing Ability and Effect of Adhesive Resins as Direct Pulp Capping Materials on Wound Healing 日本歯科保存学雑誌 Vol.40 No.2 Apr-97 守安 岳征 病理組織診断における三次元モデル作成とその応用 医学検査 Vol.46 No.7 Apr-97 望月 康久 横浜市立大学医学部第二外科 膵頭領域癌における神経浸潤 膵臓 Vol.11 No.4 Nov-96 森田 恵 東京女子医科大学 耳鼻咽喉科 ヒト耳下腺の加齢変化における組織学的ならびに三次元構築による検討 東京女子医科大学雑誌66(6.7) Jun-96 佐藤 二美 東京医科歯科大学 医学部解剖学 Three-Dimensional Analysis of Cerebellar Terminals and      Their Postsynaptic Components in the Ventral Lateral      Nucleus of the Cat Thalamus The Journal of Comparative Neurology(1996)371 Mar-96 清水みゆき 愛知県がんセンター研究所 病理部 Cellular differentiation and development of pyloric mucosal metaplasia in the human gall-bladder Pathology International(1996) Jan-96 加藤 哲夫 秋田大学医学部 第一外科 Histometry and three-dimensional image reconstruction of the lung in congenital diaphragmatic hernia Pediatr Surg Int(1995)11 Nov-95 森田 一郎 東京医科歯科大学 耳鼻咽喉科 Observation of Apical Part and Nerve Terminals of Human Vestibular Hair Cells Acta Otolaryngol(Stockh) 1995 Jul-95 大竹 徹 福島県立医科大学 第二外科 Intraductal Extension of Primary Invasive Breast Carcinoma Treated by Breast-Conservative Surgery CANCER Vol.76 no.1 Jan-95 稲垣 伸介 杏林大学保健学部細胞診断学 子宮内膜における血管と back to back の関係について 杏林医学会雑誌第25巻第1号 Jul-94 瀬田 祐司 九州歯科大学 口腔解剖 Three-Dimensional structure of the gustatory cell in the mouse fungiform taste buds:a computer-assisted reconstruction from serial ultrathin sections Anatomy and Embryology(1995)191 Aug-94 吉原 俊雄 東京女子医科大学 耳鼻咽喉科 シェーグレン症候群の耳下腺における筋上皮島の三次元構築と微細構造 口咽科6(2) Jun-94 安田 大吉 東京医科大学 第三外科 大腸癌肝転移に対する動注化学療法の臨床的研究 東京医科大学雑誌52(1) Jan-94


三次元画像処理技術


「金属」
Vol.167 (97'8) No8
ラトック システムエンジニアリング株式会社
南郷 脩史・竹内 憲司

1.はじめに
(1) 画像処理の現状―――安価なシステム、流通する画像
画像処理は、コンピュータの進歩に伴い、急速に変化してきた。20年前の画像処理は、高価な入
出力機器と接続された大型コンピュータを使いこなす専門家の仕事であった。今では、3板式2次
元カラーCCDカメラをビデオキャプチャーボードに接続し、パーソナルコンピュータにさせば
20年前予想もできなかったハイレベルの画像処理装置となる。それに伴い、使用する側の意識も
ほんの数年前まではフレームメモリという言葉で象徴された高価で難解な響きから、車の運転のよ
うに操作方法だけ憶えて誰でも利用できるものとなっている。
画像利用環境の発展も著しく、インターネット技術は、画像処理の用途を拡大させつつある。そこ
では、画像は蓄積され、ネットワークを介し流通するものとなっている。
インターネットでは、バーチャルリアルティー(VR)技術にみられるように、画像は情報コンテ
ンツであるだけでなく、コミュニケーションの為の情報媒体ともなりつつある。
(2) 新しい可能性
画像処理は、本来見るための技術である。近年でもレーザースキャン顕微鏡など画像入力装置の発
達は著しく、装置に付随した画像変換技術も進歩している。しかし、入力した画像をより良く見る
ための画像処理手法は、原理の多くは初期の頃に提案されたものであり、その後、ハードウェアの
進歩と結びつき、性能が向上し分野を限定して実用化されてきた。例えば、2値化の際に木目細か
な処理をして、点毎に閾値を変動させるなどのことが高速にできるようになり、対象物抽出能力を
向上させたなどである。
一方では、インターネットに関連し、VRのような「見せる技術」が急速に発展しつつある。コン
ピュータ内に3D仮想空間をモデリングし、よりリアル感を出すために自然の背景を用いたり、実
写した表面テクスチャーを切り取り、それに見る方向の変化に伴う変形を行い3Dモデルに張り合
わせるなどである。VRとは別な目的で人工的な世界をコンピュータ内に創り上げる試みも行われ
ている。構造解析や流体解析などのコンピュータシミュレーション用モデルやX線CT画像から得
られる患者の生体情報をコンピュータ内に3D再構築し、実際の外科手術手順をシミュレーション
する試みなどである。以下、画像処理の新しい可能性に結びついている3D画像処理について詳し
く技術内容を見てみたい。


2.3D画像処理
   (ここでは、3D再構築のための画像処理を3D画像処理という)
(1) ステレオ法による3次元再構築1)     
    人間は、同一物に対する両眼の視差からその物の奥行情報を得る。それと同じ原理で、対象物
     の角度を変えて撮影したステレオ像を用い、写真上のずれ量を奥行(Z)座標に変換でき、3
     次元物体の面位置情報を得ることができる。
   走査電子顕微鏡は、資料ステージに光軸と直交する軸の回りの回転機構を設けると手軽にステ
     レオ像を得ることができる。回転によって基準画像上のA点が傾斜画像上のA'点に移ったと
     すると、A点の基準面上の高さはHは幾何学的な関係から次の式で与えられる(図1)。
          H=x/tanθ−x'/sinθ       (1)
   ここでx,x'は、それぞれ基準画像と傾斜画像におけるA点、A'点の回転軸からの距離。θ
     は回転角である。基準画像上の全ての点の高さを(1)式より求めると、表面構造の3次元座標値
     を得る。
   基準画像と傾斜画像の間で同一点の対応をつける事がこの手法のポイントとなる。対応付の
     方法には、候補点の回りに四角の窓を設け両者の輝度差が最小となる点を対応点とするSSDA
     法や窓画像間の相関係数を求め、最大となる点を対応点とする相互相関法などがある。
	
  試料を傾けて観察すると、点が隠れたり新たな点が出現するなど対応点が存在しなくなる場合が あるのでミスマッチに対する工夫を要する。   写真1は、生物資料のSEM像(a)を用い、ステレオ法で3次元構築し、等高線表示したもの (b)である。この例でもわかるようにステレオ法は視覚的に把えられる個々の構造を多数、直接 測定することができ、基準画像上で粒子分離をすれば、個々の粒子の表面3次元座標を得ること ができ、3D粒度分布解析や解析結果を統計処理することが可能である。   本手法は、金属の破断面解析にも用いられる。基準画像からグレイン境界を抽出し、次に グレイン 内の高さ情報から面方線方向を最小二乗法で求め、グレイン面積、隣接面間角度などが 計測される。 (2) 断層像入力による方法2) 断層像入力による方法は物の内部情報(構造や分布)を含む3D情報をコンピュータ内に入力する 方法である。 一旦、そのような物の内部情報を含む3D像をコンピュータ内に取り込むことができれば、ミクロ からマクロまでの広範囲にわたる実体に即したモデル化ができることとなり、コンピュータによる 画像処理可能な対象になる。コンピュータ内に作られた3Dモデルは、3D画像処理、3Dコンピ ュータグラフィックスの手法によって3D表示、3D計測などが出来るので、2D画像の集まりか ら人間が頭の中でその3D像を想像するのに比べて、より良くその3D像を観察でき、物の形態に 関する多くの知見を得ることができる。 以下に、2D断層像の積み重ねとして3D情報を入力する幾つかの方法と、入力された3D情報か ら3Dモデルをコンピュータ内に作成する典型的な方法について述べる。 @2D断層像の入力方法 ・連続切片による方法3)   材料を連続的な同一方向平面(Z面)で切った超薄切片と呼ばれるものを作り、それらの顕微鏡 像をコンピュータに入力する。そこから特定の物の2D輪郭を輪郭抽出によって入力する。誤っ た輪郭が抽出された場合は、人手による修正を必要とする。切片の写真像をタブレット像からな ぞるペン入力や一旦輪郭のトレース図を作成し、それをカメラ入力、スキャナー入力などによっ てコンピュータに自動認識させる方法もよく用いられる。写真2は、ペン入力した輪郭線とその 陰影表示。 ・表面を研磨しながら順次表面像を入力する方法4)   機械的にコントロールしながら表面を研磨していき、現れた表面像を断層像として写真に撮り、 その断層像をコンピュータに順次入力する。写真3は、遺跡発掘の過程の写真を基に石器フレー クを3D再構築したものである。 ・レーザースキャン顕微鏡(LSM)像   LSM像の場合、共焦点法によって焦点深度1μm以下の断層像間の平面位置ずれのない、断層 像が得られる。物の内部深くは生物試料で数十μm厚さにとどまる。写真4は、LSMから得ら れた細胞核の3D分布図である。 ・CT、MRIなどによる連続断層像   この方法は、非破壊的に内部情報が得られるので、生体の断層像を得る方法として良く用いられ ている。写真5は、大脳皮質をMRI像から3D構築したものである。   A3D像再構築法 連続断層像から3Dモデルをコンピュータ内に作成する方法は、大別して次の2つの方法がある。 サーフェイスモデル ・抽出法(幾何図形による方法)   断層像から自動的にまたは人手によって目的とする物の輪郭を抽出して、ポリゴンまたは楕円な どによって表現し、それらを断層像面間で接続することによって3Dモデルを作成する。この方 法の場合、立体としての3Dモデルをコンピュータ内に完成するまでには通常次のような過程を 経ることになる。 ・輪郭抽出および輪郭補正 ・断層像間の位置合わせ(断層像の平行移動、回転によるずれ補正) ・連続体認識(断層像を通して、同一物輪郭にラベル付を行う) ・壁面生成(接続輪郭間を微小三角面でつないで立体としての境界面を作る)(図2)  VOXELモデル ・直接法(VOXELによる方法)   PIXELの集まりとしての2D画像を積み重ねて、濃淡値をもつ微小6面体(VOXEL)の集まりとして   の3D画像を作る。この方法の場合は、通常PIXEL間隔に比べ断層像間距離が大きいので、情報不   足の断層像間空間点の濃淡値を内挿補間によって求める方法を採る(図3)。    (3)3Dデータの表現 3Dデータの表現としては幾何図形表現とVOXEL表現がある。幾何図形表現は物中心のデータ表現 とみることができる。これらは共にコンピュータ内での3Dモデルのデータ表現となるが、 入力材料の違い、観察対象像の違いによって使い分けることになる。なお、先進的なシステム では両方のデータ表現を同時に扱うことができる。                                  それぞれの長所、短所を要約すると次のようになる。         @幾何図形表現    入力、3Dモデル作成に手間がかかるが、一旦、コンピュータ内に3Dモデルとして入力して しまえば、物中心の表現になっているため以降の処理でコンピュータによる物の認識のための 処理が不 要である。そのため、表示、計測における操作が簡略的であり、またその処理ス ピードも速く、計測における精度は高い。シミュレーションモデルへ移行可能なデータ表現で ある。   AVOXEL表現      物体認識をコンピュータは行わないため、入力、3D表示が人手を煩わさず簡略的にできる。 空間中心の表現になっているので、表示や計測時にダイナミカルに内挿補間によって空間点の 不足情報を補うことができる。切断面表示も高速で行うことができる。しかし、特定の対象物 を選択的に表示、計測しようとすれば、処理の度毎にコンピュータによる物の認識のための処 理が必要であり、そのためのパラメータの調整などの操作に手間がかかる。空間の各点(VOXEL) をデータとして扱うのでデータ量も多く、処理スピードも遅い。高精度計測のためには、輪郭 抽出し幾何図形表現する必要がある。 (4) 3Dデータの表示   3D像再構築によってコンピュータ内に3Dモデルができてしまえば、コンピュータグラフィ ックスの手法により、3D像を把握するための3D特有の視方ができ、単に2D像を並べて人 間が頭の中で3Dを想像するよりも3次元的な形態が良く解る。また、切断面の2D像を同時 に表示することもできる。3D像を立体的に視る視方としてよく用いられる表示方法には次の ようなものがある。   ・陰影表示   ・陰面消去表示   ・半透明表示   ・depth queueによるfade-out表示   ・ステレオペア表示   更に、3次元的な形態を良く視る視方として次のような動画的表示方法が有効である。   ・回転動画表示   ・ナビゲーション表示   回転動画表示は、静止画では立体的に見えにくい場合や、対象物の距離感がよく把めない場合 に、有効な表示方法である。   ナビゲーション表示は、ウォークスルーと同様の視方であり、物の内部で視点を動かしながら、 魚眼レンズなどの投影方法を用いて広角視野を視ることによって内部構造の3次元的形態を 観察する方法である。 (5)輪郭抽出方法5),6)    3D画像処理技術が表示から解析へと進むにあたって、対象物の抽出技術が益々重要になって きている。その方法には、主に次の3つの手法がある。閾値法、エッジ追跡法、領域拡張法で ある。 (a)閾値法    染色された組織やCT画像中の骨など濃淡のハッキリした対象物を抽出するのに用いられる。     点Pの輝度をI(P)、抽出輝度の最小値I min、最大値I maxを与え、        A = {P|Imin < I(P) < Imax}        が選択された抽出領域である。    Imin,Imaxが全画像に対し一定の値で抽出できることは希でImin,Imaxは一般に点Pの 関数となり、原画像から生成される。その与え方は、画像のタイプ毎に異なる。一例を上げ ると、点Pの回りの領域の輝度ヒストグラムを用い対象物と背景を表わすピークとピークの 谷の間(クラス内分散最小、クラス間分散最大の点)に閾値を設ける判別分析法により分離 輝度値いI(P)を求め、次の式で与える。        Imin=I(P)−a ,Imax=I(P)+b(a,bは固定)    これは、各点のバックグランドノイズを除去した後、全領域固定閾値Imin=a,Imax=b を用いて抽出する事と同一である(図4)。閾値法抽出の結果2値化画像ができる。 これには、1画素の孤立点などの画像入力装置から乗ってくるランダムノイズや抽出領域の 過多や不足などがあり、次の2値化画像修復処理が引き続き必要となる。 ・穴埋め処理――――――――未抽出の穴を埋める ・膨張処理―――――――――画像を太らせ分離している物をくっつける ・微小粒子除去―――――――孤立点などのノイズ除去 ・縁辺粒子除去―――――――境界にかかる部分的なシグナル除去 ・収縮処理―――――――――画像を痩せらせくっついてる物を分離 ・欠け、突起の修復処理―――抽出領域の隣接点及びエッジ点の再チェック    これらの処理の組合わせは、多くのシステムでティーチングでき、その場合は、一連のコマ ンド列を自動的に行わせることができる。    閾値法の特徴は、簡単で且つ大局的なことである。    閾値法により抽出したエリアの中に、目的物を全て含ませる、または、抽出エリア全てが 目的物の中に含まれるようにする事はそれほど難しくない。    前者をAmax,後者をAminとすると、抽出対象領域Aは、Amin⊂A⊂Amaxとなる。    つまり、Amax−AminをAを抽出する操作におけるサーチ制限範囲、Aminを抽出操作の 初期値として他の手法で用いることができる。 (b)エッジ追跡法    エッジ点近傍の画像は、次の条件を満たしている。この性質を用いてエッジ点の追跡を 行う。    条件1:一般に領域境界は、濃淡値の変曲点とみなせる。従って、2回微分値は0となる。        画像のラプラシアンをとると境界上は0となり境界を境に領域の内と外で符号が 変わる。    条件2:一方境界は、局所点に見ると濃淡値の傾きの大きな点である。従って、ラプラシ アンの符号が変化する点のうち、傾きの最大の点がエッジの候補になる。        次のアルゴリズムでエッジの追跡を行う(図5)。    イ)境界上の点P1,P2を与える。    ロ) P2の回りに進行ステップdの円を考える。    直線 P1 P2とサーチ円周上の交点をスタートとし、 円周上を左回りにに続く境界点をサーチする。 サーチスタート点を除き条件1,2を両方満たす最適点がである。    P2,P3をイ)、ロ)のP1,P2と置き換え、始点に戻るまで操作を繰り返す。    抽出の信頼性を高めるために、例えば、条件2のエッジ候補を複数用意し、更に、 進行ステップdも複数個用い複数の候補の中から、信頼度を考慮して決定するなどの工夫が 必要である。 (c)領域拡張法    領域を拡張していくための種となる初期領域と拡張判定条件を基に、抽出済領域に隣接する 点が判定条件を満たす場合、その点を抽出領域に含め、次々領域を拡張していく方法である。 この手法は、明るさのみでは表現し得ない領域の抽出に有効である。    例えば、染色画像の場合、明度の他に色相、彩度の情報が領域の定義に重要な役割を果たし ている。 カラー画像は、RGBで与えられるのが一般的であるが、色抽出については、表色系 (R,G,B)は、表現の独立性が低いため独立性の高い表色系へ変換し用いる。    表色系の変換例として、米国TV放送標準(NTSC)規格のTVカメラ画像の色属性値 RGBは、次の式により明度I(明るさ)、色相θ(色合)、彩度r(鮮やかさ)に 変換できる。 I = 0.299R + 0.587G + 0.114B T1 = R / ( R + G + B) T2 = G / ( R + G + B)   とすると、   W(1/3,1/3)は、ホワイト点を表わし、カラー点PとWを結ぶ線分の軸とのなす角が 色相、長さが彩度を現わす(図6)。色度図T1−T2は明るさとは独立の色情報のみを含む。 そこで、明度条件と色度図条件を領域拡張条件として用いる。   明度画像を用い、閾値法などで種領域A minと制限領域A maxを与える。抽出したい色を 複数個画面上で指示する。これから、色情報に関し領域拡張条件が生成される(図7)。    T1−T2空間上で・点は指示色を、斜線部が指示色を含む最小のr、θ矩形で ある領域拡張条件を現わす。    抽出済領域の隣接点は、次の条件を満たすとき抽出領域に組み入られる。 イ)Amaxに含まれる ロ)T1−T2色度図の斜線部に含まれる。 この方法では、イ)、ロ)を満たす点であってもAminから、 その点へ到る抽出パスがないと抽出されない。    抽出後、後処理として、色あせた抽出もれ点の採取が必要となる。例えば、抽出領域A に隣接する着目点の回りに半径dの円を与え、円周上にある抽出点の割合aが閾値nより 大きいとき着目点をAに含めるなどがある。写真6(a)は顕微鏡原画像、(b)はヒト肺の 気管支Aと血管Bの抽出例である。Aはエッジ追跡法、Bは閾値法と領域拡張法の組合わ せによる。       (6)VOXEL表示方法7)    VOXEL表現3Dモデルの表示法    VOXEL表現データには、色々な対象物各点の情報が空間に散在して表現されているので、 目的とする対象物を選択的に観察するためには、対象物の特性に合わせて、それぞれに適合 した表示法を組み合わせる必要がある。従って、3Dモデルの視覚化ツールは上記した色々 な3D表示法を合わせ持つと共に、各対象物毎に良く視るための表示用画像処理を行い、 選択された複数の対象物を1つの3D世界内に位置するものとして統合的に合成表示できる ものでなければならない。    以下に、例に基づいて複数対象物の存在する3D世界を良く視るための表示用画像処理アル ゴリズム、合成表示法、3D世界観察法を具体的に述べる。 @ ルックアップテーブル(LUT)による抽出 LUTは、VOXELの濃淡値から表示用色別の濃淡値C=(r,g,b)への変換を決める。 更に、3Dの場合は、投影面(眼の網膜に相当)上の点に入射する光線に沿って3次元空間 の各点を通過する際に、通過点の色とそこに至るまでの色がブレンドされるため、各VOXELは その濃淡値に 応じてそのブレンド率としての不透明度(Opacity)Oを持つ。LUTにはこの不透 明度も指定する。 VOXELの濃淡値によって特定の対象物に属する点が分類できる場合は、見たいものの不透明度 を1に近い値に指定し、その他のものの不透明度を0(透明)に指定することによって見たい ものを選択 的に抽出することができる。 A gradient法による輪郭面の抽出 点PにおけるVOXELの濃淡値f(p)の1次微分(gradient)(Bekutoru)∇f(p)をとって、その方向 を等値面(3次元空間内の仮想面)の内側方向法線ベクトル、その大きさを等値面の境界の 度合を表わすものと考える。 |∇f(p)|が大きいところを不透明に近くし、小さいところを透明に近くすることによって 輪郭面を抽出した視方ができる。そのためには、gradientに依存した不透明度を次のように 決める。     O(p) = |(VECTOR)∇f(p)| × O'(f(p)) ÷ |(VECTOR)∇f|max   |(VECTOR)∇f|max:光線上の点における|(VECTOR)∇f(p)|の最大値   O'(f(p)):LUTによって指定された不透明度 これによって、LUTで抽出されたものの内部を透明にして輪郭面近くの表面の形状を視ること ができる。また、(VECTOR)∇f(p)の方向を用いshadingを施した陰影表示をすれば更に良く 表面の凹凸の変化を視ることもできる。但し、f(p)をその1点における元のままの値とする とgradientが敏感になりすぎて、スムーズに変化する適正な値にならないので、その点の近傍 で平均値フィルターをかけて求めるなどの実用レベルでの工夫が必要である。   以上のような表示用画像処理を経て、複数対象物を1つの3D世界内に位置するものとした 合成表示を行う。幾何図形表現された対象物も、既に輪郭面抽出されたものとして合成表示 可能である。   合成表示における投影面上の点の色強度Iout(Po)は、次のようにして算出される。     Iout(Pi) = O(Pi)I(Pi) + (1−O(Pi))Iin(Pi) Iin(Pi−1) = Iout(Pi)   (Pi):光線上のサンプリング点(i=0,1,2,・・・・・N)   Iin(Pi):点(Pi)に至るまでに透過してきた色強度   I(Pi):点(Pi)における色強度   Iout(Pi):点(Pi)通過後の色強度   写真7は、脳内血管はLUTによる抽出を行い、皮膚輪郭面はgradient法による抽出を行って 合成表示したもののステレオペア表示である。 皮膚輪郭面はgradient vectorを法線ベクトルとしたshadingを行うことにより、1枚の投影 画像でもその3次元的な表面の変化は視ることができるが、血管の場合、1枚の投影画像 だけではその3次元的な距離感があまり良く把めない。そのような場合は、次のような複数 方向からの投影画像を用いた3D世界観察法を採っている。 ・ステレオペア表示 ・回転動画表示 ・ナビゲーション表示   写真8は、ナビゲーション表示の様子を示す。          3.3D画像の解析 (1)3D粒度分布解析8)   3Dデータがコンピュータ内に入力されてしまえば、2D粒度分布解析の3次元版が 可能である。   生物の細胞や、金属粒子、金属内物体などのように元々立体的であるものの形状特徴量の 算出や形状分類・分布の評価にはこの3D粒度分布解析が必要となる。   VOXEL表現の場合は、空間中心のグレー画像であるので、これから3D粒子解析をするには 個々の粒子部分の認識のために、2D粒子解析の場合と同様に次のような3D画像処理に よる前処理を必要とする。 ・粒子内部の点と外部の点へのVOXEL分類 ・3D画像2値化 ・膨張、収縮などによる微小粒子除去、微小スリット・穴埋め ・同一粒子内接続点のグループ化(個々の粒子認識) このようにして粒子分類されたVOXEL表現データ、または幾何図形表現データに対して、 次のような3D粒子特徴量が算出される。 ・体積 ・表面積 ・慣性モーメント ・相当楕円体(長径、短径、長軸方向、短軸方向) ・包装図形(3D粒子を含む最小の凸粒子) および包装図形に対する体積などの上記データ   但し、VOXEL表現の場合、階段状の表面になるため表面積の精度は低い。   これらは、3D粒子の形状分類にとって有用である。   2次的パラメータとして、  (真球度)=(体積と同体積の球の表面積)/(表面積)   皺の度合 =(表面積−包装図形表面積)/包装図形表面積   凹凸の度合=(包装図形体積−体積)/包装図形体積   相当楕円体の長径、短径は、慣性モーメント固有値Ia,Ib,Icを求め、 その最小値Ia、最大値Icをそれぞれ回転楕円体の長軸回り、短軸回りの慣性モーメント とみなすこにより求める。粒子の慣性モーメントと軸方位を用い、次のように粒子分類と 特徴量に用いることができる。   (a)(Ia≪IbIc)ならば、棒状粒子であり軸方位は長軸方向である。   (b)(IaIb≪Ic)ならば、板状粒子であり面方位は短軸方向である(図8)。   写真9は、幾何図形表現された3D粒子と包装図形である。 (2)3D再構築モデルと有限要素法解析9)   3D再構築は生体の姿をそのままコンピュータ内に入力しているため、それを用い、 生体動作をシミュレーションすることが可能となる。   東北大学では、国立仙台病院と協同でヒトの中耳の有限要素法による運動シミュレーション を行って成果を上げている。その際、中耳(鼓膜、ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨、蝸牛)を 3D再構築法でコンピュータに入力し、それを参考にし有限要素法解析に用いる形態 メッシュ生成を行った。   解析結果の中耳の振る舞いは、3Dアニメーションで表現され、数値やグラフでは把握 しずらい中耳の3次元の動きを直観的に捕えることが可能となった。正常中耳や疾患中耳 のモデルを用いた解析結果と 実際に人体に対し測定器を用いて得た鼓膜振動の結果や他の 過去の報告とを比較し、モデルの妥当性を得ている。   中耳疾患者の鼓膜振動に合致する中耳疾患モデルで近似し、外部からは鼓膜に遮られて 観察することのできない疾患者の中耳の振動様式をモデル上で再現し、アンメーションで リアルに観察することが可能となった。(写真10) (3)生理運動解析10)     生物・医学分野からの3D画像処理に対する要望は、生理学的な動きに伴い臓器や細胞が どのような構造(しくみ)で動いているか、病的あるいは外的な要因が加わるとそれらが どのように変化していくかを表現することである。画像処理は、これまで顕微鏡組織の2次 元像観察からスタートし、立体構築した3次元観察へと進んだが、さらに動きを加えた4次 元モデル構築が必要となる。 当社のGAN(ゲイン)システムは、解剖組織学的な情報だけではなく、画像処理・ X線写真・CTスキャン像などから得られる3次元構造とそれらの生理学的な特長や動き の情報などを実測値で入力することによって、4次元レベルでの生体の動きを再現する ことを目的とする。 運動することが機能発現の本質であるような臓器を取り扱う場合、運動のモデリング法を 確立し自然な 動きをする「生体モデル」をコンピュータ上で実現することが重要である。 生体には受動的な運動(形態的な拘束による鼓膜の振動、血流など)のみではなく、 能動的な運動制御(生理的な環境や運動指令による心臓の鼓動など)があり、ミクロな各 パーツが協調し統合されて、マクロ的な機能を果たす運動制御が同時に進行していると 考えられる。その点を解析するために形を創り、形に動きを定義し、実際の動きと比較し ながら動きを修正して実際の動きを実現しようとするものである。 @形態表現 生体を単純な形のパーツに分けて、パーツを骨格線とその回りの輪郭を表す楕円で 近似する。 形態構造の特長は、楕円の大きさ・スケルトン長・その分岐角で表現される。   構成される輪郭によって3次元再構築し、パーツの相対的位置関係・接続関係を与え、 形態的に統合する。 A運動表現 生体パーツの典型的な輪郭に対しては、運動関数を与える。運動が未定義の輪郭について は定義済みのものを用い、形態的な内挿を行い、パーツ運動が定義される。パーツ運動の 運動関数は、それぞれ特定の運動環境下の値を実際に即して与える。パーツ間の相対的な 位置関係の変化も運動関数を与えることによって定義する。これはパーツ間の形態的な協調 運動・制約運動を表しているものと考えることができる。統合された運動関数群は グローバルな動きの実現のために、形態的な拘束下における協調作用を反映していると 考えることができる。 B運動シミュレーションと生体モデルの実現   各運動パラメータの実測値は、それぞれ特定の運動環境下では第0近似を与えるものと みなせる。このために生体の運動条件は、各パーツの運動、パーツ間の相対的な運動 (実測値)を第0近似として、パラメータを繰り返し変化させ、現実の環境下における 実体の動きと似せることで実現できる。写真11は、心臓の収縮期と拡張期の像である。 運動関数を修正するだけで心臓の鼓動を変化させることができる。 4.終わりに 画像処理技術とバーチャル化技術は、次第に結びつきつつある。画像処理は、自然界の 複雑な形態をあるがままの姿で効果的にコンピュータに入力することに優れている。 そこで入力された画像は、目的とする用途に応じて解釈可能な形に画像変換され、 対象物の抽出が行われ構造化される。対象物の抽出技術は、改めて重要性をおびつつ ある。 3Dデータ表現はVRMLとして、標準化の動きが進んでおりマルチメディア技術の 側から画像処理への接近が急である。画像処理は、マルチメディアの入力技術として新 しい用途が開けつつあり、私たち画像処理会社は、ニーズを先取りし広い市場向けに 便利な道具を安価に提供することが役目であろうと考えている。そのとき、国際標準 のことも常に考えることが大切であろう。 参考文献 1) Komuro et al. 「Application of a New Morphometry System Based on SEM Stereo-Pairs to the Study of Interstinal Mucosa of Rodents」 J Electron Microsc 43:72-76(1994)  2) 南郷 「三次元モデル構築システム TRI」 細胞20(8)、(1988) 3) 山中他 「コンピュータによる腎糸球体構築の三次元的解析」 腎と透析 Vol.32 No2 4) FUKASAWA   「TRI :three-dimensional imaging for recording and analysing stone-artefact concentrations」   ANTIQUITY Vol.66 No250(1992) 5) 榎本 「画像の情報処理」 コロナ社(1978) 6) R.Nevatia(南訳) 「人工知能・コンピュータビジョンのための画像認識と画像理解」 啓学出版(1986) 7) 竹内 「3次元視覚化・解析ツール TRIV」 画像ラボ 1995.12 8) 望月 「非ホジキンリンパ腫における核の三次元形状解析」  日本網内系学会 会誌 Vol.31 No.5 (1991) 9) 和田他 「有限要素法によるヒト中耳のモデル化」  日本機械学会論文集(C編)56巻532号1990-12   10)福田他 「幾何形状アニメーションモデラーGAN(ゲイン)」 PIXEL(No.93) 写真1)ラット腸管の絨毛(提供:早稲田大学人間科学部 小室輝昌先生)     (a)走査電子顕微鏡による原画     (b)その等高線図 写真2)連続切片から作成したラット腎糸球体    (提供:日本医科大学第一病理 山中宣昭先生、温敏先生)     (a)輪郭線表示     (b)陰影表示 写真3)石器片の詰まった地層のブロック(a)とその石器片の三次元再構築画像(b)     (提供:東京世田谷 深沢百合子先生)      写真4)肺線癌細胞の核形状(提供:国立癌センター研究所支所  向井清先生、横瀬智之先生)      写真5)MRI断層像から立体再構築したヒト大脳      写真6)肺組織切片の顕微鏡画像          (a)原画          (b)処理後の画像      写真7)アンギオMRIから作成した脳血管のステレオ立体画像      写真8)魚眼レンズでナビゲーション表示したラット精子頚部      写真9)リンパ腫細胞核の三次元形状(提供:いわき市立常磐病院  望月衛先生)          (a)T型細胞核          (b)その三次元包装図形      写真10)中耳の振動モデル(提供:東北大学工学部 和田仁先生)      写真11)生体四次元シュミレーションソフトにより作成した心臓の幾何モデル           (a)収縮期           (b)拡張期