概要


■インフルエンザなど流行性疾患の発病を地域医師と連携し
  てネットに登録することで、リアルタイムに、広域に、地
  域ごとに発生状況を把握することができます。
  発生状況から住民の健康管理に役立ててもらえます。

■本システムは、茨城県衛生研究所、小児科医を中心とする
  医師団体『茨城インフルエンザ迅速流行情報ネットワーク』
  NPO市民のための健康・医療ネットワークの御協力により
  製作しました。
 
機能と特徴



■データの登録が簡単
  診断名などを予め登録されていますので、導入したとき
  から簡単な操作で患者データを登録することができます。
  データ登録をする医師の負担も軽減されるような作りに
  なっています。また、データ登録の際には、医師の個人
  認証とSSLを用いて通信を行うため不正アクセスやデータ
  流出を防ぐ事ができます。


■発症分布が見やすい
  広域な地図形式で発病状況を色分け表示していますので
  地域単位での発病分布状況を見ることができます。
  また、その地域の詳細な情報を見ることもできます。

■風土病・慢性疾患にも有効
  データ登録は、半永久的に行えますので、発症から潜伏
  までのライフサイクルの長い感染症にも威力を発揮します。
  風土病や慢性疾患の地域的な広がりを長期のレンジで把握
  することができます。




 



動作環境


■サーバー:Windows2000サーバー以上

■ブラウザ:IE4.0以上

■データベース:例 Microsoft Access2000

運用実績



■本システムは、茨城県衛生研究所、小児科医を中心とする
  医師団体『茨城インフルエンザ 迅速流行情報ネットワーク』
  NPO市民のための健康・医療ネットワークの御協力により製作
  しました。
  
    URL  http://www.ratoc.co.jp/influenza/index.htm

   

                     

今後の展開



■インフルエンザ流行情報に続き、麻疹流行情報システム、水痘流行情報システムなど
   感染症、慢性疾患に引き続き対応していきます。